「ビッグデータ」の検索

HOME > 「ビッグデータ」の検索

検索結果

「GoogleのAI部門が合成音声システムを開発」他(20160913)

□GoogleのAI部門が合成音声システムを開発 GoogleのAI研究部門であるイギリスDeepMindは、多層構造のニューラルネットワークを用いて人間に近い音声を合成できるシステム「WaveNet」を開発したと発表し…

「Googleが見出しを自動生成するAIを開発」他(20160830)

□Googleが見出しを自動生成するAIを開発 アメリカGoogleは、オープンソースとして公開した機械学習のライブラリ「TensorFlow」を使って、文章の内容を要約して適切な見出しを自動生成するアルゴリズムを開発し…

「2016年のWebマーケティング注目キーワード」第4回・Watson

「Watson」とは、アメリカIBMが開発した、自然言語処理と機械学習を駆使して大量の非構造化データを解析して人間の意思決定を支援する技術のプラットフォームです。Watsonのことを人工知能と表現している例も少なくありま…

「Googleが行動履歴を検索できるツールを導入」他(20160705)

□Googleが行動履歴を検索できるツールを導入 アメリカGoogleは、ユーザのオンラインにおけるほぼすべての行動履歴を検索できるツール「My Activity」を導入したと発表しました。利用したGoogleのサービス…

「GoogleがAI専門研究グループを発足」他(20160621)

□GoogleがAI専門研究グループを発足 アメリカGoogleは、チューリッヒの拠点内に人工知能(AI)に特化した研究グループ「Google Research, Europe」を発足させたと発表しました。機械学習、自然…

「Facebookがテキスト理解エンジンを発表」他(20160607)

□Facebookがテキスト理解エンジンを発表 アメリカFacebookは、ディープラーニング(深層学習)によって人間に近い正確さで瞬時に文脈を理解できるテキスト理解エンジン「DeepText」を発表しました。DeepT…

「Googleが自然言語理解を実装する基盤を公開」他(20160517)

□Googleが自然言語理解を実装する基盤を公開 アメリカGoogleは、自然言語理解(NLU)システムの基盤となるニューラルネットワークフレームワーク「SyntaxNet」をオープンソースで公開しました。このフレームワ…

「インターネット関連市場の最新予測・2016年版」第5回・人工知能市場

人工知能(AI)とは、コンピュータを使って学習、推論、判断など人間の知能を人工的に実現する技術の総称で、具体的には、コグニティブ(認知)コンピューティング、ディープラーニング(深層学習)、機械学習、予測API、自然言語処…

「IBMがUstreamを買収して動画事業を再編」他(20160126)

□IBMがUstreamを買収して動画事業を再編 アメリカIBMは、動画配信サービスのアメリカUstreamを買収したと発表しました。買収額は公式に発表されていませんが、一部メディアは1億3000万ドルと報じています。I…

「Googleが位置をコード化するサービスを発表」他(20150818)

□Googleが位置をコード化するサービスを発表 アメリカGoogleは、地球上のあらゆる地点を特定できるコード「Open Location Code(OLC)」を使ったサービス「plus+codes」を発表しました。専…

「FacebookとIBMがブランド向け広告で提携」他(20150512)

□FacebookとIBMがブランド向け広告で提携 アメリカIBMは、ブランド向け広告ツール提供でアメリカFacebookと業務提携を締結したと発表しました。IBMのマーケティング・クラウドを利用している顧客は、Face…

「インターネット関連市場の最新予測・2015年版」第8回・ビッグデータ市場

ビッグデータとは、従来のデータベース管理システム(DBMS)では扱うのが難しい大量のデータのことです。一般的には、ペタバイト(PB)級以上の非定型のデータで、かつリアルタイム性の高いものを指しますが、定義は各社でまちまち…

「Facebookがマーケティング支援データを提供へ」他(20150312)

□Facebookがマーケティング支援データを提供へ アメリカFacebookは、Facebookユーザの「いいね!」などのアクティビティに分析や解釈を加えた匿名のマーケティング支援データ「topic data」を特定の…

「2020年の国内IoT広告市場は1290億円に」他(20141218)

□2020年の国内IoT広告市場は1290億円に スパイスボックスは、国内におけるIoT(モノのインターネット)広告市場に関する調査結果を発表しました。2013年に252億円だったIoT広告市場は、2020年には1290…

「TwitterとIBMがツイートデータ分析サービスで提携」他(20141104)

□TwitterとIBMがツイートデータ分析サービスで提携 アメリカTwitterとアメリカIBMは、企業向けのツイートデータ分析サービスで提携したと発表しました。IBMが今年9月に発表したコグニティブ(認知)サービスの…

「IBMが人工知能を活用したデータ分析サービスを発表」他(20140918)

□IBMが人工知能を活用したデータ分析サービスを発表 アメリカIBMは、人工知能「Watson」を活用したデータ分析サービス「Watson Analytics」を発表しました。Watsonは、「コグニティブ(認知)コンピ…

「IntelがIoT関連のコンソーシアムを設立」他(20140710)

□IntelがIoT関連のコンソーシアムを設立 アメリカIntelが、「モノのインターネット(Internet of Things)」を構成するデバイス間の接続方法の標準化を目指すコンソーシアム「Open Interco…

「2014年の注目テクノロジー」第10回・プライベートDMP

DMP(Data Management Platform)は、直訳すると「データを管理するプラットフォーム」という意味です。当初は、複数のWebサイトから収集された匿名のオーディエンスデータをマージして、同じ特徴があるオ…

「2014年の注目テクノロジー」第7回・Web接客

Web接客とは、Webサイトを訪問したユーザーに対して、チャットや電話などで個別応対することを指します。Web接客という考え方は決して新しいものではありません。アメリカではECサイトにおいて、チャットやSkypeを使って…

「2014年の注目テクノロジー」第5回・フィンガープリンティング

フィンガープリンティングとは、「指紋によって身元をつきとめる」という意味から、クッキーや端末IDに依存することなく、デバイスの判定を行う技術を指す言葉として使われています。デバイス推定を行う技術の他にも、フィンガープリン…

WEBマーケティング研究会は、株式会社アイプラネットの運営です。

ページトップ