注目ニュース(2016年)

HOME > 注目ニュース(2016年) > 「MicrosoftがBingアプリでAMP対応を開始」他(20160929)

「MicrosoftがBingアプリでAMP対応を開始」他(20160929)

□MicrosoftがBingアプリでAMP対応を開始

アメリカMicrosoftは、モバイル向けBingアプリにおいてAccelerated Mobile Pages(AMP)のサポートを開始しました。AMPに対応しているニュース記事を自動的に検出して表示します。対応するページが見つからない場合は、別の技術を使ってページを最適化します。AMP対応ページには検索結果に稲妻のようなアイコンが表示されます。ただし、AMPに対応しているかどうかについては、Bingでの表示順位には影響しないとしています。

マイクロソフト、モバイル向けBingアプリでグーグルの「AMP」をサポートへ(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/news/service/35089591/

□GoogleがXSS攻撃対策ツールを公開

アメリカGoogleは、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃の対策ツール「CSP Evaluator」を公開しました。主要ブラウザはスクリプト攻撃を阻止する「Content Security Policy」(CSP)に対応していますが、Googleの調査では、CSPの95%がXSS攻撃の阻止に役立っていないことがわかりました。CSP Evaluatorは、CSP設定の効果を視覚化してミスを検出することができます。CSPのメリットやCSP実装を解説した文書も公開しました。

Google、XSS攻撃対策に支援ツール公開(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/28/news054.html

□Facebookが企業向けコラボレーションツール公開へ

アメリカのIT情報サイトThe Informationは、アメリカFacebookが今年10月に企業向けコラボレーションツール「Facebook at Work」を正式リリースする計画だと伝えました。Facebook at Workには、競合する「Slack」などと同様に、音声およびビデオ通話機能も搭載されています。プライベートベータ版が2015年1月から無料で提供されていましたが、正式版では利用する企業に対してユーザ数に応じた従量制課金を行う見込みです。

「Facebook at Work」、10月にリリースか(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/news/service/35089664/

□Salesforce.comがEC向けクラウドサービスを開始

アメリカSalesforce.comは、同社が今年に買収したDemandwareのECソリューションをベースに顧客管理、人工知能、分析機能などを組み合わせた新しいEC向けクラウドサービス「Salesforce Commerce Cloud」の提供を開始したと発表しました。機械学習プラットフォーム「Einstein」を利用してパーソナライズされたおすすめ商品の提示ができるほか、Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」を使った支払いにも対応しています。

Salesforce.com、新サービス「Commerce Cloud」でEコマース市場に参入(ITpro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092802807/

—————————————————————–
◎初出:2016年9月29日
—————————————————————–

WEBマーケティング研究会は、株式会社アイプラネットの運営です。

ページトップ