注目ニュース(2016年)

HOME > 注目ニュース(2016年) > 「Facebookが動画の視聴時間水増しを謝罪」他(20160927)

「Facebookが動画の視聴時間水増しを謝罪」他(20160927)

□Facebookが動画の視聴時間水増しを謝罪

アメリカFacebookは、過去2年間に渡り広告主に対してユーザの平均動画視聴時間を過大に算出して伝えていたことを謝罪しました。平均視聴時間を算出する際に3秒未満の視聴を除外していたことが原因で、The Wall Street Journalは、平均視聴時間が60~80%水増しされていた可能性があると指摘しています。Facebookは、すでに視聴時間の計測方法を修正しており、動画広告への課金には影響しないとしています。

Facebook、動画広告の視聴時間過大算出で謝罪(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/news/service/35089502/

□Instagramの広告主が50万を突破

アメリカInstagramは、画像共有SNS「Instagram」の広告主が50万を突破したと発表しました。同社は2015年10月にセルフサーブ型広告の提供を開始して以来、2016年2月には広告主が20万を超えたことを公表していました。それから約半年で広告主の数は2倍以上に増えた計算になります。また、2016年7月にリリースされた「ビジネスプロフィール」などの事業者向けビジネスツールの利用者数は世界で150万に達しています。

Instagramの広告主が50万を突破、半年で2倍以上に(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1021397.html

□Snapchatがビデオカメラ付きサングラスを発表

アメリカSnapchatは、サングラスに無線ビデオカメラを搭載したデバイス「Spectacles」を開発したと発表しました。10秒間の動画を撮影でき、BluetoothまたはWi-Fi経由でフォトメッセージングサービス「Snapchat」に転送されて保存されます。一部報道によると、今年秋に129.99ドルで限定発売される予定です。また、同社はSnapchat以外にも事業分野が拡大していることから、社名を「Snap」に変更する計画も明らかにしました。

Snapchat、ビデオカメラ付きサングラスを開発(ITpro)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092602780/

□人工知能を搭載したiOS専用ブラウザがリリース

アスツールは、人工知能やSNS機能を融合したiOS専用ブラウザ「Smooz」の提供を開始しました。Smoozは、ユーザが閲覧するページを人工知能で解析して、次に入力される検索ワードを予測して候補をサジェストしてくれるなど、効率的に目的の情報を発見する手助けするのが特徴です。気に入ったWebページをブックマークすると、フォロワーのホーム画面に記事が届くSNS的機能も搭載されています。無料で利用できます。

人工知能・SNSを融合したiOS専用ブラウザーアプリ「Smooz」(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/001/237/1237484/

—————————————————————–
◎初出:2016年9月27日
—————————————————————–

WEBマーケティング研究会は、株式会社アイプラネットの運営です。

ページトップ